在来種のじゃが芋

風が冷たい日が続いていますが、季節は着々と春に向かっています。

梅は満開、畑の葉ものは薹だちし始め、山の木々がほんのり赤く染まって芽吹きの準備をしています。

木頭では自家用の畑が多いのですが、この季節あちこちでじゃがいもを植える準備をしています。
男爵やキタアカリなどは品種によって種を継ぎ難いということですが、この辺りでは在来種の肌の赤いじゃが芋はずっと種を残して栽培されています。
もっちりとしていて炊いても身がくずれにくいので、おでんなどによく利用されます。

流通している野菜は種を繋げないF1種がほとんどになってしまった今、じゃが芋の他にきゅうりや山キビ、長ナスなど、在来種の種を残して保存する知恵はとても貴重となってきました。
ただそれらも食べる人、作る人があってがあってこそ受け継がれるもの。
種の保存同様、高齢者が受け継いでいる山の暮らしそのものを守ることがとても大切ではないかなと思いながら、私も明日じゃが芋を植える準備です。

IMG_0677

 

 

 

 

アクティブラーニング@きとう

3月は卒業の季節。

この時期、夏休みと共に都会の学生さんたちがインターンシップに来る季節でもあります。近年は、インターン=就活。自分にあった就職先を求めて就業体験をするのが主流ですが、はるばる木頭にまで来てインターン研修される若者も増えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木頭の暮らしに興味を持ち、山の生活を数日でも体験しつつ学ぶ。まさにアクティブラーニングです。

まず、最寄りのコンビニが車で1時間以上かかる当地では、「移動販売」が貴重な存在です。家の前まで来てくれるのでほんとに便利です。長年の経験から地域のニーズに精通した品揃えにインターン学生もビックリです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、今の時期はジャガイモを植える季節。灰を入れたバケツと鍬をもって畑で汗します。「いくつになっても研究じゃ」と90近いおばあさんは「学び」を忘れていません。ススキを利用した土作りから、収穫した農作物の保存方法や加工方法まで、自らの手ですべてをやり遂げます。

木頭の特産品である柚子は、この時期、選定や施肥などの作業で忙しいのです。新しい苗木を移植するのも重労働。柚子とり体験という収穫作業だけでは物足りない方はぜひ、この時期にも来て見て下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グローバルな哲学

アジアの環境問題はわれわれに直結しています。

自由市場経済であっても、限りある資源を次世代に残さなければならないし、これ以上の地球環境破壊に組することは許されません。

大きな会社は社会的責務がありますし、例え小さな会社でも持続可能な模索は必要です。

東南アジアとの関わりがこれからますます深まる中、地元の人達がしあわせに暮らせ、次の世代にも地域資源が持続可能な利用ができるようにグローバルな視点が不可欠です。

インドネシア・ボルネオ島で環境保護の活動をしている地元NGOの方のインタビュー映像をご覧下さい。

小さな小学校のマラソン大会

全校児童10名、こども園3名の小さな小学校のマラソン大会が行われました。
保護者や道行く人たちにあたたかく見守られ、「がんばれ〜がんばれ〜」の子どもたちの元気な声援が山に響きました。
山村留学生の6年生Aちゃんも最後のマラソン大会を全力で走りきり、みんなのあたたかい拍手に迎えられ見事一位でゴール。
お山の小学校の思い出のひとつになったかな。
卒業式ももう間近。
春の気配の木頭です。

IMG_1906
国道を走りますが、 ほとんど車も通らずにのどかです
p1
山村留学生2名含めて全校児童 10名 のんびりのどかな学校です

 

ブリコラージュの空間

け
レヴィ=ストロース著「野生の思考」のブリコラージュ論。

ありあわせの道具や材料を使って、自分の手で、ものをつくる人のことをブリコルール(ブリコラージュするひと)という。

難しいことはわかりませんが、「おららの炭小屋」には、そんなじいたちがいます。毎月第2土曜日(原則的にですので、お問い合わせ下さい)に炭焼きWorkShopを実施してます。

話を聞くだけでは、水泳を通信教育で学ぶようなもの。さあ、あなたも本当の血肉化した知の世界へ。お問合せ:project -at- zivasan.com(ZiVASAN online )

DSC03014

DSC03063